2011年5月12日木曜日

Android 2.3.4 Platform

Android 2.3.4 がリリースされたので、
http://developer.android.com/sdk/android-2.3.4.html を訳しました。

# 訳が間違ってたらごめんね。

---

API Level: 10

Android 2.3.4 は Android 2.3 プラットフォームにいくつかのバグを修正するためのパッチをあてたメンテナンスリリースです。そのため、Android 2.3.3 からの API の変化はありません。
Android 2.3.4 は付加的な Open Accessry Library を通じた Open Accesory API のサポートをモバイルデバイスへ提供します。

Android 2.3.4 プラットフォームと Open Accessory Library の両方が、Android SDK のダウンロードコンポーネントである Google APIs Add-On の最新バージョンで利用可能です。

Android 2.3.4 に対する開発およびテストを開始するには、Android SDK Manager をつかって最新バージョンの Google APIs Add-On を自分の SDK にダウンロードしてください。より詳しい情報は、Adding SDK Components を参照してください。もしあなたが Android を始めたばかりなら、download the SDK Starter Package を最初にみてください。

よりハイレベルの Android 2.3 の紹介は、Platform Highlights を参照してください。

---

API OverView

Android 2.3.4 は Android 2.3.3 (API level 10) と同じ framework API をアプリケーションに提供します。API のサマリーは Android 2.3.3 version notes を参照してくだい。

---

Open Accessory Library

Open Accessory はプラットフォーム上で動作するアプリケーションと、接続された周辺機器間をインテグレートする新しい機能です。この機能はプラットフォームへの USB (Universal Serial Bus) stack built に基づいており、アプリケーションへ API が公開されます。付属品として Android が入ったデバイスに取り付けられる周辺機器は Ust Host として接続します。

Open Accessory は Android 3.1 (API level 12) で紹介されていますが、オプショナルの外部ライブラリを使うことで、Android 2.3.4 が走っている Andorid デバイスでも可能なように作られています。ライブラリはアプリケーションが USB を通して接続されたさまざまなタイプのデバイスを見つけ、コミュニケートし、管理するための API フレームワークを公開します。また、Andorid 2.3.4 のアプリケーションに直接公開されていない Android プラットフォームの一部の API の実装も提供します。

Open Accessory Library はすべてのデバイスでオプショナルです。デバイスメーカーは Open Accessory Library を彼らのプロダクトに含めるか否かを選ぶことができます。ライブラリは Android 3.1 と前方互換性があります。そのため、USB accessories をサポートしているデバイスであれば、Android 2.3.4 に対して開発されたアプリケーションは Android 3.1 が走っているデバイスでも適切に動作します。

Open Accessory Library で提供される API は Android 3.1 で提供される Open Accessory API に基づいています。ほとんどのエリアでは、同じテクニックと API を使うことができます。しかし、 Android 2.3.4 で Open Accessory Library を使った開発は、標準の USB API と次の方法がことなります。

・ UsbManager の取得

  add-on library を使った場合に、UsbManager オブジェクトを
  取得するには、getSystemService() ではなく、ヘルパーメソッドの
  getInstance() を使う。

UsbManager manager = UsbManager.getInstance(this);


・ filtered intent からの UsbAccessory の取得

  接続されたデバイスや付属品を intent filter を使ってフィルターする場合、
  UsbAccessory オブジェクトは intent の内部に含まれた形で
  アプリケーションに渡される。
  add-on library を使うなら、次の方法で UsbAccessory オブジェクトを
  取得する

UsbAccessory accesory = UsbManager.getAccessory(intent)


・ USB host サポートがない

  Android 2.3.4 と Open Accessory Library は USB host mode を
  サポートしない(例えば、UsbDevice など)が、Android 3.1 は
  USB host mode をサポートする
  Android 2.3.4 が走っている Android-powered デバイスは USB host
  として機能しない
  ライブラリは、USB host として機能する接続されたアクセサリに対して
  Android-powered デバイスを周辺機器として機能させるだけ
  (UsbAccessory を通して)

Open Accessory Library を使ったアプリケーションを開発するには、次のことが必要です。

 ・ Android SDK tools の最新バージョン
 
 ・ library を含んだ Google APIs add-on の最新バージョン

 ・ USB accessories をサポートしている Android 2.3.4 (Andorid 3.1)
   が走っている実際のハードウェアデバイス
  (接続されたデバイスの実行時テストのため)

USB accessories とやりとりするアプリケーションの開発の完全な説明は developer documentation を参照してください。

さらに、Android Market で適切なアクセサリサポートが提供されていないデバイスのユーザーに対してアプリケーションが利用できないようにフィルタリングすることができます。フィルタリングをリクエストするには、次のエレメントをアプリケーションのマニフェストに追加してください。


<uses-feature
android:name="android.hardware.usb.accessory"
android:required="true"
/>


---

API Level

Android 2.3.4 プラットフォームは API level をインクリメントしません。これは Android 2.3.3 と同じ API level である API level 10 を使います。

API level 10 で紹介された API を使うには、Open Accessor Library を含む最新の Google APIs Add-On バージョンで提供される Android library に対してアプリケーションをコンパイルする必要があります。

必要に応じてアプリケーションのマニフェストに android:minSdkVersion="10" 属性を <uses-sdk> エレメントに追加してください。アプリケーションが Android 2.3.3 もしくはそれ以上でのみ動くようにデザインされている場合、この属性を宣言することで、プラットフォームの以前のバージョンにインストールされるのを防ぐことができます。

1 件のコメント:

  1. Quantum Binary Signals

    Get professional trading signals sent to your mobile phone every day.

    Follow our signals right now and make up to 270% daily.

    返信削除