2011年2月4日金曜日

第1回 AIR for Android 勉強会に参加してきました。

ATND 第1回 AIR for Android 勉強会

ハッシュタグは #AF4A (Adobe Flash for Android)

-----
2011年2月5日 追記

勉強会の資料が公開されていたので追加しました。
発表者のみなさま、ありがとうございます!

* AIR for Android の導入

* マルチタッチ / ジェスチャー入門

* 吉岡梅 よもやまレポート

-----


勉強会のついーとは Togetter でまとめられてました。ありがとうございます!
http://togetter.com/li/96232

個人的に気になったのをピックアップ

* Adobe Labs から Adobe Flash Professional CS5 Extension for AIR 2.5 を ダウンロード

* Flash CS5 の AIR for Android では Android SDK を入れなくてもOK (adbがエクステンションに含まれてるため) ただし、デバックや画面キャプチャー撮るときにはあると便利

* 実機の設定が必要。実機の設定で「提供元不明のアプリ」と「USBデバッグ」にチェックを入れる
 
* Windowsはドライバが必要 (ちなみに有名どころのドライバページは http://developer.android.com/sdk/oem-usb.html にまとまってる)

* パブリッシュ設定のAIR Androidを忘れずに選択

* 基本のステージサイズは480 x 800 機種によって適当に調整

* アプリケーションIDは、世の中のアプリと被らないように注意する。自分のドメインを使えば確実

* 「AIR Android設定」の「パブリッシュ後」の項目にチェックすることで、Android端末に自動転送することができる

* 実機がない場合は、これでエミュレータ上確認ができる? http://goo.gl/lumqE

* [AIR Android]設定の[権限]は重要。Loaderとか外部から読み込む場合は、「INTERNET」にチェックを入れるなど。権限を設定する必要がある。

* 権限不足は android SDK いれて adb logcat しておくとなんかでます

* Android パーミッションのサマリはここ

* Flash CS5でのAir for Androidの使い方のわかりやすいまとめ http://adobe.ly/emkvUd

* Home GadgetはまだAIRでは作れない、LiveWallpaperも作れない

* AIR for Android の記事 (@IT) http://htn.to/Jrud7h

* マウスイベント:タッチパネル端末でも使用可能

* MouseEventと対応するTouchEvent

* モバイル開発用フレームワーク http://labs.adobe.com/technologies/flex/mobile/

* Multitouch.inputMode =MultitouchInputMode.TOUCH_POINTをセット

* stage.addEventListener(TouchEvent.TOUCH_BEGIN, ...)ほかに、TOUCH_MOVE, TOUCH_ENDなど

* 複数の指はTouchEvent.touchPointIDで管理できます

* タッチポイントが使えるかは、Multitouch.supportsTouchEvents(Boolean)で確認

* スワイプ、斜め効かない

* プレスアンドタップジェスチャーは、今のAndroidでは動かない

* startTouchDragとstopTouchDragを使う

* Seminar of AIR for Android and Flex mobile framework http://www.akabana.net/seminar

* 口頭で紹介されていたスクロールバーのAS3ライブラリは「JPPScrollbar」。Spark projectにてオープンソースとして公開されている。http://www.libspark.org/wiki/alumican/JPPScrollbar

* 既存のコードの再利用は簡単だが、パフォーマンスやマウスとタッチの差で要調整。さらに、デバイスプロファイルによって使える機能が違うから注意が必要

* デバイスプロファイルの情報は http://goo.gl/hLVDH

* デバイスプロファイル、コマンドライン開発についてのまとめ。 http://www.atmarkit.co.jp/fsmart/articles/airandroid03/01.html

* モバイルをこれから始める人は必読のドキュメント http://goo.gl/Q56c1

* 複数解像度に簡単に対応する方法はない。王道としてはリキッドレイアウトを使う。もしくは、コンテンツのサイズを固定しなければランタイム側で拡大/縮小してくれる

* 縦横比によって見せたくない問題は root に scrollRect を指定するだけでOK

* ADL(AIR Debug Launcher)で動作確認 $ adl -screensize <size> myApp-app.xml

* Androdのエミュレータは遅いのでなるべく使わない。デバイス固有な部分やパフォーマンス等以外の部分をPCベース(AIR)で開発する。ハードウェアキーも擬似的にキーを割り当てたりする

* DeMonsterDebuggerを使って開発するとなかなか良い。動作ログやメモリーリークの確認ができる

* AIR for Android Apps in Flex "Hero". http://goo.gl/3WMQ9 http://goo.gl/aWOPn

* AIR for Android + Google App Engine で簡単Androidアプリ開発 http://bit.ly/iaTpqL

* AIRのIntentの対応について、正式にいうと、自分で指定したIntentを投げることはできない。が、ASのAPIを呼べばランタイムがIntentを投げるケースがすくなくない

* 吉岡梅さんの必殺レポートはこちら! http://ciruelo.jp/doc/


# 開催者のみなさま。ありがとうございました。

1 件のコメント:

  1. Want To Boost Your ClickBank Commissions And Traffic?

    Bannerizer made it easy for you to promote ClickBank products by banners, simply visit Bannerizer, and grab the banner codes for your picked ClickBank products or use the Universal ClickBank Banner Rotator to promote all of the ClickBank products.

    返信削除