2011年4月14日木曜日

GWT with Slim3 - プロジェクトの作成 -

基本的には、スタートガイド with GWT - Slim3 日本語サイト(非公式) - にとてもわかりやすく書いてあるので、ここを見ればOK。


0. 準備

 ・JDK
 ・Eclipse
 ・Google Plugin (日本語の方は情報が古いので注意してね)
 ・Slim3 Plugin
    [Help] - [Install New Software...] で
     http://slim3.googlecode.com/svn/updates/ を追加




1. プロジェクトの作成

 [File] - [New] - [Project...] で [Slim3] - [Slim3 Project] を選択して Next をクリック



 Project name, Root Package を入力し、Use Google Web Toolkit を選択して Finish をクリック



 Generate a Module, and Entry Point and a Host Page に
 チェックを入れておくと
  ・war/index.html
  ・[Root Package]/Main.gwt.xml
  ・[Root Package].client/Main.java
 が作成される




2. テスト用の設定

  [Window] - [Preference] を開いて
  
 2.1 [Java] - [Editor] - [Content Assist] - [Favorites] を選択して
  
  [New Type...] をクリックして、以下を追加する
   ・org.hamcrest.CoreMatchers
   ・org.junit.Assert
   ・org.junit.matchers.JUnitMatchers





 2.2 [General] - [Workspace] を選択して

  [Refresh automatically] にチェックを入れる




3. あとは普通にGWTプロジェクトのコーディングを行う

4. Slim3 の Model を作る方法は モデルの作成 - Slim3 日本語サイト(非公式) - を参照

5. Slim3 の Datastore を使ったサービスは サービスの作成 - Slim3 日本語サイト(非公式) - を参照




 

0 件のコメント:

コメントを投稿